面接で経営者の理念に共感。雰囲気がいい職場への転職

50代男性
有料老人ホーム1年、デイ3年での経験。
介護士になる以前は大手電機メーカー系のIT企業でプロジェクトマネージャーとして勤務していました。
25年間勤めた後に一念発起して介護業界に飛び込みました。
早期退職者制度を利用して3ヶ月間の有給休暇を取得してこの間にヘルパー2級を取得。
退職後は大手出版系企業の介護事業である老人ホームのオープニングスタッフとして採用されました。

転職前はオープニングスタッフとして勤務

退職したのは、オープニングスタッフとして採用された有料老人ホームです。
施設が出来上がるまでは集合研修で座学を行ったり、ケーススタディをチームで行ったりしていて比較的士気の高い職場でした。

スタッフ間での派閥に嫌気がさし転職を決意

そこでは初心者と経験者で妙な派閥が出来ており、お互いを非難し合っている状況でした。
また介護するスタッフの人間性の低さ(優しさの欠如)に大いに落胆したことが退職の最大の理由でした。

面接で経営者の考えに共感

転職前に知人の紹介で、新規に小規模デイサービスが開設されるから一緒に働いてみないかと誘われていました。
そこで現地を見学がてら、面接を受けた際に、その経営者の理念に共感出来たこともあり、転職先として選ぶに至りました。

古民家を改装したデイサービス

主婦のパートさんがメインでやってるような、小規模の古民家改装タイプのデイサービス。
とても和気あいあいとしていて雰囲気は良好です。
スタッフの皆さんも適度にやる気を出して働いている感じです。

人間関係が良好になり、依然と比べて精神的にも楽

転職前と比べて、人間関係はかなり良好になったという感じです。
精神的、肉体的負担はずいぶんと軽減されました。
ただし福利厚生は全く良くならないです。
ただ、働きやすさはかなり良いのでスタッフ間で気を遣うことはあまりないが、利用者のわがまま度が日を重ねるごとに増えていて、
弱い利用者に攻撃的な言動をすることを目の当たりにしているとじんわりとストレスが溜まってくる感じがしています。

福利厚生が残念

やはり福利厚生面が大手に比べると格段に悪いです。
昇給はないし、ボーナスもないので金銭面ではかなり不満です。

副業も視野に入れて

転職は否定しないし、むしろ勧めますが、程度な副業を探しておいた方がいいというアドバイスをしたいと思います。
自分が働きたいと思う職場は給料が安かったりしますし、現実と理想とでギャップがあります。
よく考えて、後悔しない転職にしましょう。